MY HOME COCKPIT

17インチのモニター一台で始めたFSの世界がここまできてしまいました。 毎日が日曜日ですから、ボケ防止を兼ね老骨に鞭打って(笑)ホームコクピット作りにいそしんでおります。

カテゴリ:Cockpit Building > Screen

注文していた物が昨日の午前中に届きましたので午後から下塗りを行いました。
小学生から模型を作り始めていますが、実はローラー刷毛を使うのは初めての経験(これだけの大きな面積に塗装するのが初めてと言うことですが)二度塗りの指示で塗料が足りるのか当初は心配でしたが、結局三度塗りが出来ました。
今朝撮影した塗布後の状態です、このままでもいけるのではないかと思う位の仕上がりです(自画自賛・笑)
 DSC00006 (2)
昨日の塗布前の状態です
DSC00005 (3)

奮戦?の後
DSC00007 (2)

今日は午前中義母を病院へ送迎しますので午後から上塗りです。

昨日Solution Systems Inc.よりPPS(Pro Paint Screen)が到着
5.4×1.5m(約8㎡)に塗布する量を発注、確かに安くはありませんが高い安いはそれぞれの評価で絶対的な基準のメルクマールはないと思いますし、合わせて導入を検討した粘着付スクリーンもほぼ同額。
機器とどちらを先に整備していくのか悩むところですが
、どちらを優先させていくのか1年2年の話ではなく長い目で見てやっていくことが大切ではないでしょうか(あくまでも私見ですので悪しからず)
DSC00001 (3)

 DSC00003 (3)
DSC00002 (3)

塗布に必要なローラー刷毛などは本日モノタロウより到着予定(
歩いて5分ほどのところにそこそこ大きいHSがあるのですが、まとめて3K以上になれば送料がかからないので結局モノタロウの方が安く購入できます)ですので塗布は明日から、塗布に備えて継目のパテ盛りとシーラー塗りは完了養生もばっちりです

DSC00005 (3)
これから色々製作する物の塗装を今までのようにスプレー缶でやっていたらコストが相当かかりそうなので、静音タイプのコンプレッサー25Lを新たに購入しました。
これを使って
トップコートを吹き付けるつもりでソリューションシステムズの担当者に相談したらローラー刷毛で十分とのこと、したがって養生も下しか行っていません。

スクリーン面をどうするか悩んでおります。
本日ソリューションシステムズさんにお願いしてあった「プロペイントスクリーン」の塗り見本が到着。早速投影比較してみました。

三枚とも右がホワイト6500k 左がグレー6500kです。DSC00005
 
DSC00003
 
DSC00001

曇りの室内で自然光での撮影でホワイトがきれいにでていませんが、塗り見本の色です
DSC00001 (1)

 コスト的には一番高くなり一旦は諦めかけましたが、同じメーカーさんで「Screen goo」より若干安い「プロペイントスクリーン」を紹介していただいたことと、フィルムにしろ紙にしろ分割したとしても結構大きなサイズを貼らなくてはいけなく(昔車の窓にフィルムを水張りするのにえらい苦労をした経験があるのでなおさら)まったく自信が無いので、塗りでいく方向に固まりつつあります。(メーカーさんの対応が非常にいいのも後押ししていますが)

プロジェクターのセッティングが終わり早速3台で投影してみました。
画面の調整にはImmersive Display PRO」を使う予定でダウンロードはしてありますが、これからコクピット本体を製作していくうちおそらくオーバーヘッドやフレームが干渉すると思いますのでしばらく最終調整はおあずけです。

一応レーザー墨出し器であたりは取りました
PHOTO005

こんな感じです
PHOTO010

3種類のスクリーン素材を試してみました、とても分かりにくいのですが上から「紙スクリーン」「マイクロビーンズ」「スクリーンフィルム」のA4判サンプルが貼ってあります。
PHOTO012
私の目では大きな違いは見分けられず悩みがますます増しました。
塗るタイプの「スクリーン・グー」も検討し見積もりを取りました。

プロジェクターを取り付けました、三台ともBenQですが両サイドがW1080ST+、中央がW1080STです。
フレームをスチール穴あきアングルで組み天井に直付けです。
まだ取り付けただけで調整はやっていません、スクリーンは継目をパテで埋めてきれいに仕上げましたが、化粧版のままでなくマイクロビーンズかフィルムスクリーンを貼ることにしようと思っています、サンプルが今日発送されたようなのでまた実験結果を報告します。
PHOTO002

横が180cm 縦が60cmのフレームで前後左右にある程度動かせるようになっています。
PHOTO003

 

↑このページのトップヘ