MY HOME COCKPIT

17インチのモニター一台で始めたFSの世界がここまできてしまいました。 毎日が日曜日ですから、ボケ防止を兼ね老骨に鞭打って(笑)ホームコクピット作りにいそしんでおります。

カテゴリ: Rudder

やっと完成し部分的ですがカーペットも張りました、あとはダミーでRudder Pedals Elevatorを作るつもりです。
これからYokeをセッティングしたり先は長いですがボチボチと進めていきます。
DSC00343
 

Rudder Pedalが完成です、CPT側とFO側のリンクもうまくいきました。
動画をアップしましたのでご覧ください。
 
リンク用の金具は結局腕が若干短かったので5mmのアルミ平板で延長し8mm径の全ネジで繋いでいます。
DSC00338
 

Rudder PedalのCPT側が一応完成しました。
メモ用紙にラフスケッチを描いたものの、すべて現物合わせでの製作ですので余計な穴が開いていたり、Rudder部分にもガススプリングを使うはずがギアと干渉するためバネに変更したりで思いの外時間がかかってしまいました。
前作で使ったベアリングホルダー(オリジナルマインド製)を上下に使いました。
DSC00333
リンクさせる金具はホームセンターで購入したごく一般的な150mmのT字型金具です
DSC00334

DSC00331

DSC00330

DSC00328
ブレーキはマイクロSWを使いました。
DSC00329
所定の場所に収めてみました、これからカバーなどを作らなければ。
DSC00327

FO側もほとんど出来上がっていますが、はたしてリンクがうまく行くかどうか



 

暑さに負けず頑張っています(笑)
Overheadの製作はいったん中断してRudder Pedalの製作を始めました。
Pedalは以前にオーストラリアのSimquip から購入してありましたが、メカ部分の構想がなかなかまとまらず製作に取りかかれずにおりましたが、走りながら考える方式で見切り発車です。
取りあえず片側のブレーキ部分のみの組立です、Rudder部分をどうするかCPTとFOの連動をどうするか、考慮中です
DSC00313
今回はスプリングは使用せず、すべてガススプリングにしますがガス反力の選定が難しくMonotaROさんに二回も返品してしまいました。結果ブレーキ部分はほぼ決まりましたがRudder部分の数値が決まっていません。
DSC00314
前作と並べてみました、今回は床下に一部入りますので背は高くなっていますが、それにしても前作は相当華奢でした。
DSC00315
材料の一部でここまでは加工しました、福井の「横山テクノ」さんでカットしてもらった40*30*3のアルミ角パイプ・20*3と22*3のアルミ丸パイプ(22*3の方はペダルに打ち込んであります)・自作のブラケット(アルミ3mm)・MonotaROで購入した軸受とセットカラー・これに加えてガススプリングが必要になります。
DSC00317
古いボール盤を改造した手動式タッピングマシンです、直角にタップを立てるのに大変重宝しています。
(この写真はポーズだけ、まだ下穴をあけていません)
DSC00311




 

昨日でPPSの上塗りも無事終了しました、見た目には下塗りの状態とさして変わらないので完成形は後日実際の投影をお見せします。
そして同じく昨日オーストラリアのSimquip に発注したあった「Rudder Pedal」4個が到着
現在メカ部分の構想中です。
素材はアルミの鋳物でそれなりの重量感があります、CPT・FO共通ですのでベルクランクの片側は切り取る必要があります。
DSC00009 (2)
 

↑このページのトップヘ