MY HOME COCKPIT

17インチのモニター一台で始めたFSの世界がここまできてしまいました。 毎日が日曜日ですから、ボケ防止を兼ね老骨に鞭打って(笑)ホームコクピット作りにいそしんでおります。

2016年10月

Piyochanさんからご質問をいただきましたので追加で写真をアップします。
テープLEDの一列タイプが縦に5本、一番下に横に1本、3列タイプが縦に2本です、こうした理由は別にありませんストックしていたものをすべて使ってみました。
この写真ではLEDをそのまま撮影するため、定格の12Vでは明るすぎるので6Vに落として点灯しています。(記述修正しました)
DSC00371
 

DSC00372
ちょっと分かり難いですが背面にはアルミテープを全面に貼ってあります。
DSC00374

 

バックライトの配線が完了「ふた」を付けて点灯してみました、右上のボイスレコーダーのONOFFがスイッチに隠れてしまい相当暗くなっていますが、それ以外はまあ満足できる出来栄えかなと自画自賛です。
前のブログでアップしたReading Lightのコントロールは実機のパイロットさんからのご指摘をうけペデスタルのFLOODでのコントロールに移してあります。

DSC00370
 

Overheadを仮配置してみました。まだ配線に全く手を付けていませんのでもう一回下ろします。
コクピットの床からFWDOverheadの先端まではビルダーのバイブルboeing 737 measurementsの通り1280mmにしています。
 DSC00358
前後はこんな感じで3mmアルミ板とスチールアングルの組み合わせで固定金具を作りました。
「ふた」がついていないので上がずいぶん空いた感じになっています。
DSC00359

DSC00360
まだ仮止めなのでボルトが飛び出しています
DSC00366

Overheadを固定するためのフレームを作りました。
海外から購入しても国内で特注しても10万円位はする代物なので、前回使った穴あきのスチールアングルをリユースして自作にチャレンジしました、まあまあうまくいったようですが実際にOverheadをぶら下げてみないことには結果はわかりません(笑)。
曲げてある部分はアングルの一片をカットして所定の角度に万力を使って曲げて、5mmのアルミからNCフライスで切り出した金具を添えて補強してあります、金具は45・30・25・15度の4種類を作りました。
DSC00345
Overheadを固定する金具はこれから製作です、この真ん中のフレームだけ2枚重ねになっています。
補強金具も左右二枚にしてアングルを挟み込んであります。
DSC00356
切り出した角度付きの補強金具、これは30度のものです。
DSC00348
終点は単純に横フレームにのせて固定してあるだけです。
DSC00357




 

↑このページのトップヘ