MY HOME COCKPIT

17インチのモニター一台で始めたFSの世界がここまできてしまいました。 毎日が日曜日ですから、ボケ防止を兼ね老骨に鞭打って(笑)ホームコクピット作りにいそしんでおります。

2016年02月

昨日でPPSの上塗りも無事終了しました、見た目には下塗りの状態とさして変わらないので完成形は後日実際の投影をお見せします。
そして同じく昨日オーストラリアのSimquip に発注したあった「Rudder Pedal」4個が到着
現在メカ部分の構想中です。
素材はアルミの鋳物でそれなりの重量感があります、CPT・FO共通ですのでベルクランクの片側は切り取る必要があります。
DSC00009 (2)
 

注文していた物が昨日の午前中に届きましたので午後から下塗りを行いました。
小学生から模型を作り始めていますが、実はローラー刷毛を使うのは初めての経験(これだけの大きな面積に塗装するのが初めてと言うことですが)二度塗りの指示で塗料が足りるのか当初は心配でしたが、結局三度塗りが出来ました。
今朝撮影した塗布後の状態です、このままでもいけるのではないかと思う位の仕上がりです(自画自賛・笑)
 DSC00006 (2)
昨日の塗布前の状態です
DSC00005 (3)

奮戦?の後
DSC00007 (2)

今日は午前中義母を病院へ送迎しますので午後から上塗りです。

昨日Solution Systems Inc.よりPPS(Pro Paint Screen)が到着
5.4×1.5m(約8㎡)に塗布する量を発注、確かに安くはありませんが高い安いはそれぞれの評価で絶対的な基準のメルクマールはないと思いますし、合わせて導入を検討した粘着付スクリーンもほぼ同額。
機器とどちらを先に整備していくのか悩むところですが
、どちらを優先させていくのか1年2年の話ではなく長い目で見てやっていくことが大切ではないでしょうか(あくまでも私見ですので悪しからず)
DSC00001 (3)

 DSC00003 (3)
DSC00002 (3)

塗布に必要なローラー刷毛などは本日モノタロウより到着予定(
歩いて5分ほどのところにそこそこ大きいHSがあるのですが、まとめて3K以上になれば送料がかからないので結局モノタロウの方が安く購入できます)ですので塗布は明日から、塗布に備えて継目のパテ盛りとシーラー塗りは完了養生もばっちりです

DSC00005 (3)
これから色々製作する物の塗装を今までのようにスプレー缶でやっていたらコストが相当かかりそうなので、静音タイプのコンプレッサー25Lを新たに購入しました。
これを使って
トップコートを吹き付けるつもりでソリューションシステムズの担当者に相談したらローラー刷毛で十分とのこと、したがって養生も下しか行っていません。

まあまあの天気が続いたので、引き続き昨日今日と床の製作です。
DSC00001

上にのっているのは長年愛用しているリョウビのインパクトとパナの電動ドリルドライバー
周りの雑然さは目をつぶってください
 DSC00007

床はフレームと同様にリフォームの時に大工さんから分けてもらった構造用合板(12mm)を使いました。
DSC00011

まだYokeのセティングが終わっていないので、一部床を張っていません。
全体の位置ももっと窓側に動きます、移動に苦労した前作と違いキャスターを付けましたので位置合わせは楽々ですが、今度は固定に悩むかも
DSC00012

↑このページのトップヘ