結局すべてのコントロールをPololu Jrk21v3 4枚とMicro Maestro 1枚に変更しました。
Throttel Lever 用
Jrk21v3 2枚
DSC00689
SpeedBrake用とTrim Wheel用Jrk21v3を一枚 Trim Gauge用にMicro Maestro
上側のJrkがTrim Wheel用でFeedbackにケーブルが刺さっていません
DSC00686
Jrk21v3の設定は理屈が分かれば簡単でしたが、特にTrim Wheelの設定ではPiyochanさんに貴重なアドバイスをいただきました。設定画面のTOPですがFeedbackやPIDなどをいじった後必ず赤枠の「Apply setting to device」をクリックしてください
Jrk3
Throttel Lever・SpeedBrake はFeedbackを設定します
Jrk2

 
Trim Wheelは「None」にします、これが分からなくてPiyochanさんにSOSしました、これで回転数は一定ですが正逆にTrimSW通りに回転します、海外のビルダーさんでリレー等を駆使して回転数を四通りに制御されている方がおります、そのうちつたない英語でKnow-howを伝授していただこうかとも思っています

Jrk1
 PIDはとりあえずの設定です、これから色々学んで変えてみます。
Jrk4
 後はProsim Configuration上の LeversやGatesでそれぞれ設定してやればOKです
 Micro Maestroはソフトで動作確認をしてGaugesのElevator trim gaugeで設定してあげるだけです。

注:あくまでも我流での設定ですので間違っている部分があるかもしれません、もし参考にされる方がおられましたらすべて自己責任でお願いします。

3/26
昨日ここまで完成しましたが、やはりTrim Wheelの回転数をコントロールできない事がどうしても気になり、現状私の力量ではハード・ソフトとも組み立てができないのでTrim WheelのコントロールはPiyochanさんにいただいたScriptを使いMotor_Cardを使ったSIOCでのコントロールに戻しました。